情報通信システムの企画・設計、IT技術者の派遣を御用命の際は当社へ



ソリューションズ

セキュリティ

USBシンクライアント Safario

汎用のWindows PCにSafarioトークンをUSBポートに挿入するだけで、PCをシンクライアント化することができます。

 

◆利用しているPCに、資料をセーブできな

USBポートにSafarioトークンを挿入し、ID、パスワードを入力するとシンクライアント環境状態になります。この状態では利用しているPCは単なるシイクライアント端末になり、PCのメモリ、USBメモリ、CD-ROMへの書き込みはできなくなります。

 

◆情報漏洩防止に大きな力を発揮

ユーザーのPCにはユーザー固有のデータや日常的な管理対象となるようなデータを保存できないため、IT管理者は中央に集約されたサーバーを管理するだけでよくなり、情報漏洩防止に大きな力を発揮します。

 

USB型「Safario-WX」だけでなくインストール型「Safario-IX」のものもあり、2タイプから用途に合わせて選択できます。またカードリーダやプリンタなど周辺装置制御も可能です。

 

特長

◆USB型「Safario-WX」

・USBトークンにシンクライアントとして利用するために必要な機能・環境を一体化して内蔵。

・利用PCにてSafarioを起動するとシンクライト環境が立ち上がります。

・利用PCには事前準備は一切不要。設定変更や事前のソフトインストールの手間なく利用可能。

◆インストール型「Safario-IX」

・Safario-IXクライアントソフトをあらかじめ利用PCにインストールして使用。

・クライアントソフト起動後の使い方は、上記「Safario-IX」と同じ。

◆セキュリティ機能(WX/IXとも共通)

・利用者によるウイルス/ワーム観戦拡大の心配なし。

・利用者によるデータのコピーによる情報漏洩なし。

(HDDへの保存不可、CD-R等への書込み不可、記憶媒体への書込み不可)

・社内情報が一切PCに残らないため、PCの紛失・盗難にあっても情報資産の漏洩なし。

 

システム構成

140_02_FIG2

 

価格情報

◆USB型「Safario-WX」

・USBトークン×10個(Safario-WXライセンス×10):350,000円~

◆インストール型「Safario-IX」

・Safario-IXライセン×10 :198,000円~

 


copyright © 2017 Fuji Net Systems Inc.ALL RIGHT RESERVED.